頭痛と痒みの葉酸過敏症にかかりましたが…【過剰摂取】

2017/11/09

普段からあまり野菜が好きではなかったので、食事の中心はお肉やフルーツばかりでした。
しかし妊娠をしてからは、主治医から胎児のためにも葉酸をできるだけ摂取するように指導されました。

妊娠をしてからめまいをすることも多くなったので、めまい防止のためにも葉酸を摂取するためにレバーやモロヘイヤを食べるようにしました。

ただレバーの生臭さやモロヘイヤの粘りや青臭さが、つわりのときには特に気持ち悪く感じてしまい食欲さえなくなってしまうことがありました。

このままでは赤ちゃんの成長にも問題が出るかもしれないと思ったので、もっと手っ取り早く葉酸を摂取するために葉酸サプリを飲むことにしました。

サプリであれば、カプセル状になっているので無味無臭だったのでつらいと感じることがなく飲むことができました。

つわりがひどいときは食欲が起きないので、何も食べていないのに葉酸サプリだけを飲む日が何日もありました。こういった妊娠生活を送っていたところ、頭痛を感じたり皮膚全体に痒みを感じるようになりました。

頭痛や痒み

風邪でもひいたかもしれないと思って心配になり医師に相談したところ、頭痛やかゆみ蕁麻疹の症状は葉酸摂取の過剰が原因かもしれないといわれました。

確かに他の食事や栄養素はとらなくても、葉酸だけは取らなければならないと思い込んで葉酸サプリだけは欠かさず飲んでいました。

それが原因で葉酸過敏症という症状になってしまったということでした。

かゆみがあることで夜もゆっくり眠れなくなってしまい、頭痛を引き起こすことで家の中で寝ていてもイライラしてしまいました。医師からは改善方法として、葉酸サプリの摂取を控えるように言われました。

葉酸過剰摂取

ただ妊娠中はやはり葉酸は必要だということで、食事をしない日は葉酸も摂取しないようにしてできるだけ栄養バランスがとれた食事をすることが大切だとの指導してもらいました。

医師の指導や治療などが早かったのもあり、頭痛やかゆみの原因もすぐにわかって大変気持ちが落ち着きましたし、医師の指導により頭痛やかゆみが収まるまでは一時的に葉酸を摂取することをやめたので徐々に症状などは治まりました。

もし医師に相談しなかったら、何も生活を変えずに葉酸を摂り続けてしまい過剰に摂取することで神経症状が現れていたかもしれないとわかり驚きました。

頭痛や痒みから回復した後に自分自身で気にかけていたことは、葉酸サプリの過剰摂取を控えることはもちろんできるだけ食事から葉酸を摂取するようにしましたし、安定期に入るとつわりもおさまってきたこともあり、子どものためならと少しくらい生臭いものでも食べられると思い込むようにしてレバーを食べるようにしました。

葉酸過敏症を起こしながらも無事出産までできた私からの妊活・妊娠中の方へのアドバイスとしては、葉酸の摂取が必要なことは間違いないけれど、葉酸だけを摂取するのではなく他の必要な栄養素の中の1つだと考えて摂取することが大事だというものです。

サプリを摂取するときは、用量をしっかり守るようにすれば過剰摂取にはならないので安心だと思っています。

【関連記事】葉酸を摂った食品や工夫、気をつけていたことを聞きました【妊娠中の葉酸の摂りかた】

-私に起こった副作用, 私は使った葉酸サプリ, 過剰摂取で私に起こったこと
-, , , , , ,

よく読まれている記事

葉酸サプリを摂取する際には過剰摂取にならないように 1
妊娠中は注意!妊婦さんがとらない方が良い食べ物や飲み物

  妊娠中にはおなかの赤ちゃんのためにも妊婦がしっかりと栄養をとる必要 ...

葉酸を摂り過ぎて吐き気、食欲不振、痒みなど副作用 2
<男性編>葉酸サプリを摂り過ぎて起こった痒みや吐き気【過剰摂取】

任活中に男性も葉酸を摂ることは必要といわれていますが、摂り過ぎで吐き気、食欲不振 ...