自分にぴったりの葉酸サプリを選んでお腹の中の赤ちゃんの健康も守る!

2017/01/19

妊娠中は、葉酸の栄養素を身体に補うことが大切だそうです。出産経験のある友人から葉酸サプリを勧められて妊娠前から葉酸サプリを愛飲していました。

      目次

    1. モノグルタミン酸型の葉酸
    2. 葉酸だけでなく乳酸菌も摂取
    3. 食生活の見直し
    4. まとめ

モノグルタミン酸型の葉酸

私が摂取したサプリは、厚生労働省推薦のモノグルタミン酸型の葉酸が含まれているものです。また、国産の無添加のサプリなっているため安心して毎日摂取できる点もこのサプリを選んだ決め手となりました。

きちんとサプリの効果を実感したかったので、配合されている成分を確認するだけでなく成分配合量もチェックしてみました。

私が摂取したサプリは、一日の服用目安量である葉酸の量をしっかりと補えます。
ただ飲むだけでいいというシンプルな方法で妊娠中の健康対策を行なえるのにもかかわらず、大きな効果を期待できるのもメリットだと思いました。

葉酸だけでなく乳酸菌も摂取

実際に私が葉酸サプリを飲もうと思った時に徹底的に安心安全なサプリを調べましたが、商品数が多かったのでどれを選べばいいのか分かりませんでした。

そこで、妊娠中の方へのアドバイスなど妊娠中の方が参考になる情報や記事が紹介されているママ向けのサイトをチェックしてみました。そうしたところ、葉酸サプリを摂取するうえで気を付けたことや注意点などを知ることができ、メリットだけでなくデメリットを確認できたので安心して葉酸サプリを選ぶことができました。

私が摂取した葉酸サプリは、国産無添加になっており、赤ちゃんにも影響を与えることがありません。また、葉酸だけでなく妊娠中に欠かすことのできない成分が数多く配合されているのも嬉しい点でした。

安心の管理体制

出産経験のあるサプリの専門家が開発した葉酸サプリとなっているので、高い効果を実感することができたと思います。葉酸だけでなく乳酸菌を摂取することが可能なため、お腹の中の環境を整えながらマタニティライフを過ごすことができました。

食生活の見直し

葉酸サプリを摂取しながら、食生活の見直しもしました。やはり、妊娠中は食生活をきちんと見直してバランスの良い食事を食べることが大切なのではないかと思います。

ブロッコリー

そこで、お腹の中の赤ちゃんのことを考えて葉酸サプリと一緒によく食べた食材が、ブロッコリーやほうれん草、ピーマンなどの緑色の野菜です。

ほうれん草

おひたしや炒め物、サラダなどが、葉酸サプリを毎日愛飲しながら一緒によく作った料理です。

炒め物

しかし、妊娠した方のためのまとめ記事などをチェックしてみたところ、葉酸は水溶性のビタミンとなっているので、体内に蓄積されにくいという特徴があることが分かりました。そのため、加熱しすぎてしまうなどの間違った調理法をしてしまうことにより、十分な量の葉酸を補うことができません。

そんなことを知り、バランスの良い食生活を送りながら葉酸の摂取量が足りないことを意識して葉酸サプリで補うことにしました。ただ葉酸を摂取すればいいというわけではないと思ったので、安定して身体に吸収できるモノグルタミン酸型の葉酸を選んでみることにしました。

まとめ

モノグルタミン酸型の葉酸を選んだことは正解だったと思います。

厚生労働省推奨の葉酸となっており安心して服用できるのはもちろんですが、体内吸収率が高く、さらに品質が安定しているのもメリットだと感じています。ダイレクトに葉酸を身体に補うことができるので、安心して妊婦生活を送れました。

自分にぴったりの葉酸サプリを選んだことで、お腹の中の赤ちゃんの健康を守れただけでなく、自分自身の健康対策や美容対策にも繋がったので良かったと思います。

お腹の中の赤ちゃんの健康を守れただけでなく、自分自身の健康対策や美容対策にも繋がった

妊娠中もトラブルなく過ごすことができたので、出産後も授乳中の健康を考えて愛飲し続けました。妊娠前から妊娠中だけでなく、授乳中の健康対策にもなったので大満足です。

-私は使った葉酸サプリ, 私は食べた葉酸を摂る食事
-, , ,

よく読まれている記事

葉酸サプリを摂取する際には過剰摂取にならないように 1
妊娠中は注意!妊婦さんがとらない方が良い食べ物や飲み物

  妊娠中にはおなかの赤ちゃんのためにも妊婦がしっかりと栄養をとる必要 ...

葉酸を摂り過ぎて吐き気、食欲不振、痒みなど副作用 2
<男性編>葉酸サプリを摂り過ぎて起こった痒みや吐き気【過剰摂取】

任活中に男性も葉酸を摂ることは必要といわれていますが、摂り過ぎで吐き気、食欲不振 ...