思い込みが葉酸過剰摂取となってめまいとむくみが…

2016/11/17

妊娠するとだれでも健康は赤ちゃんを産みたいと思うのは当然のことです。

      目次

    1. 思い込みからの健康な身体づくり
    2. 副作用の原因は過剰摂取
    3. 妊娠中期のじんましん
    4. めまいとむくみからの回復
    5. 妊活・妊娠中の方へのアドバイス

思い込みからの健康な身体づくり

私も結婚が28歳と少し遅かったので、すぐに妊娠活動をはじめました。

私がやったのは、とくに食事の内容を改善するということとサプリを摂取すること、ほかにはヨガをはじめるということでした。

妊娠をするということは、新たな命をはぐくむことですから、身体を健康にしなくてはいけないという思い込みがとても強かったのです。

いろいろな栄養素をとりいれ運動もやっていた効果があったのか、早い時期に妊娠することができました。それと同時に育児書を読みまくる中で、妊娠初期に葉酸が足りなくなると赤ちゃんの神経系統に障害がでるということを知りました。

絶対に健康な赤ちゃんを産みたいという思いが強かったので、それからは毎日葉酸が含まれている食材ということでホウレン草、アボガドは欠かさずとり、さらには葉酸がたくさん含まれているサプリを欠かさず飲んでいました。

副作用の原因は過剰摂取

自分ではこれだけやっているのだから、健康面ではまったく問題がないと思っていたのです。

これで健康的な赤ちゃんが生まれるのだと自信をもっていたのですが、ほどなくして身体にいままでにない症状がでてしまいました。それがめまいとむくみです。

【関連記事】葉酸欠乏症による貧血

はじめは妊婦だから貧血になるし、むくみも仕方がないと思っていたのですがあまりにめまいがひどいので産婦人科の医師の相談すると「葉酸の過剰摂取が原因かもしれない」といわれました。

自分としては正しいことをしているという意識だったのですが、あまりに過剰に摂取をしては妊婦の体に副作用としてでてしまうということを指摘されたのです。

めまいとむくみからの回復

たしかに食事でも葉酸を摂りサプリでもがんばって飲んでしまっていたのでまずかったと思いました。

先生からの指示としては、1日の葉酸摂取量が目安としてはが1キロを超えないことということでした。

【関連記事】≪妊活・妊娠中に過剰摂取≫による葉酸の副作用

ですからサプリは1日おきにするとか少しずつ変えていくほうがいいという指摘をされたので、その後「サプリは3日に1度程度」にして「食事もホウレン草も頑張って毎日とらなくてもいい」というルールにしました。

そうすると、めまいもあまり感じなくなりましたし、むくみも前ほどではなくなったのです。

私の場合は、いくらなんでも必要以上に摂りすぎたことで副作用がでていたのです。

そして回復後に気をつけたことは、適度な量を心がけていくということがとても大切なことなんだと知りました。

また妊婦になるとどうしても、体を動かさなくなってしまったり体を休めることばかりに気が行きがちですが、それもよくないことを知りました。特に腰やもも周りの筋肉をつけていくということがお産が順調にいくために必要なことですし、産後の回復にもいいということを知りました。

子育ては体力勝負ですのでからだの筋肉を維持させておかなくてはなりませんし、妊娠、出産によって女性の体は大きく変わってしまうので、妊娠中から自分の体のことを知っておく必要があるのだということを痛感させられたのです。

妊活・妊娠中の方へのアドバイス

葉酸や鉄分の摂取というのは、過剰にしてはいけないということです。

日ごろから食べている人はそれで充分だということです。

そして自己判断で良いと思い込まないで、必ず産婦人科の医師の相談をしていくということです。

先生に相談

妊娠中は出産について、とくに不安に思うことが多いので、だれかに話すとか自分の中に抱え込まないで意見を聞いてみることで、自分の誤りに気がついたり気持ちが楽になったりできるのです。

そして本の知識だけをうのみにせず、妊娠は人によってさまざまだと心がけることが必要だと思います。

-過剰摂取で私に起こったこと
-,

よく読まれている記事

葉酸サプリを摂取する際には過剰摂取にならないように 1
妊娠中は注意!妊婦さんがとらない方が良い食べ物や飲み物

  妊娠中にはおなかの赤ちゃんのためにも妊婦がしっかりと栄養をとる必要 ...

葉酸を摂り過ぎて吐き気、食欲不振、痒みなど副作用 2
<男性編>葉酸サプリを摂り過ぎて起こった痒みや吐き気【過剰摂取】

任活中に男性も葉酸を摂ることは必要といわれていますが、摂り過ぎで吐き気、食欲不振 ...