葉酸だけではなくミネラル、ビタミン類も赤ちゃんの身体には必要なのだから…

2017/01/26

妊娠中に私は葉酸の過剰摂取で体に副作用が出てしまった経験があります。

      目次

    1. 身をもって体感
    2. 私の症状
    3. 葉酸摂取を重視しすぎて
    4. 葉酸摂取を控えて回復した私

身をもって体感

葉酸は基本的には副作用がほとんど無い栄養素と聞きました。

【関連記事】いま葉酸の摂取に注目が高まっています

理由として、葉酸が水溶性ビタミンなので多く摂っても尿として体外に出てしまうということもあり、欠乏のリスクの方が過剰摂取のリスクよりも高いといわれており多めに摂る人は少なくないようですが、あまりにも度が過ぎて葉酸を摂取すると体に変調をきたすことがあり、まさに私自身も身をもって体感しました。

妊婦は一日に400マイクログラムの葉酸摂取を推奨されていますが、目安としては一日に1100マイクログラムを超えた摂取量が続くと副作用というか、体調に悪影響が出てくることが多いそうです。

私の症状

私の場合は症状としては、体温が37度半ばから後半台の微熱が続き体に発疹ができました。

風邪をひいた時のような寒気を感じる微熱ではなく、妊娠初期の体温高めの時期のさらに熱が高い感じといいますか、頭がぼーっとしてだるさを感じました。

頭がぼーっとしてだるさ

しかし、妊娠中なのでだるいのかと思って放置して普段通りの生活をしていたら細かい発疹が腕とお腹にぶわーっと出はじめ風疹や麻疹だったら大変だと思い慌てて産婦人科へ受診に行きました。

先生から「熱は高くないので風疹や麻疹ではない」とすぐに診断していただけてホッとしましたが、どうやら原因は葉酸の過剰摂取ではないかと言われました。

妊婦健診

【関連記事】葉酸を過剰摂取した時の副作用

葉酸摂取を重視しすぎて

その時は妊娠7ヶ月の頃で、悪阻も空けてお腹は膨らみ始めているものの、まだそこまで重くないので今だけの妊婦ライフを満喫している時期でした。

体重増加もそれほど気にする状態じゃなかったので、お腹が減るのに任せて1日5食を食べる日もあるぐらい食べまくっていましたが、一応妊婦ということは頭にあったので「できるだけ体に良いものを、葉酸が摂れるものを」と意識して食べていました。

外食ではニラレバやレバーの焼き鳥、レバーペーストなど高い頻度でレバーを結構な量食べていて、家でも外でもほうれん草とブロッコリー、納豆はこれでもかというぐらい食べていました。

レバーペースト

これらに加えて、妊娠中にも妊娠前から飲んでいた葉酸サプリも継続して飲み続けていました。

葉酸摂取を控えて回復した私

回復へ向けてやったのは、「葉酸の摂取を控えること」ただそれだけです。

診断後すぐに葉酸サプリを一時やめたらほどなくして体調は改善しました。

体調が良くなって私が常に気をつけていたことは、妊娠中はそれでも葉酸は必要な栄養素なので、葉酸サプリは引き続き飲むことにし、その代わり日々の食生活で葉酸メニューばかりに偏ることをやめました

私の経験から妊活・妊娠中の皆さんにアドバイスをさせていただくと、いくら必要な栄養素だからといって葉酸、葉酸で偏った生活をすると私のようなことになってしまいます。

しかし、あまりに控えすぎると欠乏してそれはそれで体に良くない影響を及ぼすので、ほどほどの葉酸摂取とそれにバランス良く栄養を摂ることが大事だと思います。

【関連記事】葉酸欠乏症による貧血

妊娠中に必要な栄養素は葉酸だけではありません。

カルシウムなどのミネラルやビタミン類も赤ちゃんの身体には必要なので、色々な食材をバランスよく食べてそして補助としてうまく葉酸サプリを取り入れて生活してほしいと思います。

-私に起こった副作用, 過剰摂取で私に起こったこと
-, , ,

よく読まれている記事

葉酸サプリを摂取する際には過剰摂取にならないように 1
妊娠中は注意!妊婦さんがとらない方が良い食べ物や飲み物

  妊娠中にはおなかの赤ちゃんのためにも妊婦がしっかりと栄養をとる必要 ...

葉酸を摂り過ぎて吐き気、食欲不振、痒みなど副作用 2
<男性編>葉酸サプリを摂り過ぎて起こった痒みや吐き気【過剰摂取】

任活中に男性も葉酸を摂ることは必要といわれていますが、摂り過ぎで吐き気、食欲不振 ...