精子の問題は葉酸摂取で問題改善できる?

2017/01/21

妊活中や妊娠初期の女性には特に葉酸が必要であることはよく知られています。

      目次

    1. 男性にも大変必要な栄養素
    2. 主な男性側の不妊原因
    3. 葉酸摂取の身体への影響
    4. 毎日適用量をサプリで摂取

男性にも大変必要な栄養素

葉酸とは、ほうれん草の葉から発見されたビタミンB群の仲間で別名「ビタミンM」「ビタミンB9」とも呼ばれており、葉酸には細胞が分裂するためのDNAやRNAの合成に働いて細胞分裂や発育に必要だとされています。

また妊活中から摂取することによって、胎児の先天性障害である神経管閉鎖障害の発症リスクが低下されることができると考えられており、葉酸を摂取することによって細胞分裂が盛んになされるようになり正しい遺伝子情報を伝えることができるようにもなります。

夫婦で協力

このようにみてみると、葉酸は女性だけに必要な栄養素と思われがちですが実は男性にも大変必要な栄養素なのです。

【関連記事】男性は逆算し3か月前から葉酸摂取で良質な精子を

近年では、不妊において女性側だけではなく男性側にも問題があることが良く知られています。

主な男性側の不妊原因

主な男性側の不妊原因としては、精巣の動きが悪くなることで精子の数が少なくなっていることが考えられ、主に染色体異常や精索静脈瘤などがあります。

精子の働き

精子自体が問題であることもあり、運動性能が乏しいため受精できない可能性などや精巣などに問題がなく通り道である精管が詰まっているケースも不妊の原因となり、精管炎や精巣上体炎などの病気が挙げられます。

また、性機能の問題として勃起ができなかったり不十分であるなどの勃起障害や射精できないケースも男性不妊の原因となります。

勃起障害や病気が問題の場合にはきちんと治療することによって問題が解決することもありますが、精子が問題の場合には葉酸を摂取することで問題を改善できる可能性もあるとされています。

葉酸を十分に摂取している場合には、摂取していな男性に比べて染色体異常が約20%低いこともわかっており、さらには健康な男性でも染色体異常はあり約1~4%は存在しているといわれています。

染色体異常の精子が受精してしまうとダウン症や流産のリスクを高めてしまうことになり、染色体異常が少なく健康なものが多ければその分受精の確率も高まります。

つまり、女性が葉酸を摂取することで着床後の受精卵に対して神経管閉鎖障害のリスクを低くしたりするのに対して、男性は妊娠前に摂取することによって精子の質を高めて流産やダウン症のリスクを低下させることができるのです。

葉酸摂取の身体への影響

また、葉酸の摂取は様々な影響を体に与えることがわかっています。

葉酸はビタミンB12と一緒に赤血球を作る造血作用があり、不足してしまうと赤血球が巨大になってしまい正常に機能しないことで起こる悪性貧血である巨赤芽球性貧血を引き起こしてしまいます。

細胞の再生を促す作用もあるため、細胞の分裂や増殖に欠かせない栄養素ですが、不足することで免疫機能や消化機能にも影響を及ぼすこともあります。

近年では、不足することで悪玉アミノ酸であるホモシステインという物質が増えることもわかっており、このホモシステインが増加すると血管壁に衝突し傷つけられてしまうことで動脈硬化を引き起こされる恐れもあるといわれています。

葉酸をきちんと摂取することで、血液を正常に作ることができるようになり貧血を予防すことができるほか免疫機能を高めることなどにもつながります。

ホモシステインをビタミンB6やB12と一緒に葉酸がほかのアミノ酸に変えることによって動脈硬化などの病気を抑制することにもなり、ほかにも脳や心臓などの身体全体に関する病気を防ぐことにもなるのです。

葉酸は単独の動きとは別に、ほかのビタミン類と一緒に働くことで健康な体を維持するのに役立つといわれており、そのため普段からバランスの良い食事を心がけることが大切です。

男性にうれしい別の効果としては、血行などもよくなるため薄毛予防にも効果があるといわれています。

しかし、忙しさから外食やインスタント食品などの偏った食事や野菜不足などによって葉酸が不足してしまっているのが現状です。

特に男性は厚生労働省が推奨している240マイクログラムの量を満たしていないことが多いと考えられており、食事で満たせないだけではなく、飲酒や喫煙によって消費されることで足りなくなっていることもあるため注意が必要です。

毎日適用量をサプリで摂取

そんな人にオススメなのが、毎日飲むことで適正量を摂取することができる葉酸サプリです。

葉酸は水溶性ビタミンのため食材で摂る時に水で洗いすぎたり、加熱調理することで失われてしまう栄養素でもあります。そのため食事で摂るよりもサプリで摂取した方が効率良く体内に吸収されやすいという特徴があります。

葉酸サプリを適用量

ただし、葉酸サプリを利用する場合注意したいのが過剰摂取です。

【関連記事】葉酸の過剰摂取による危険について考えましょう

通常の食事で過剰摂取になるほど摂取することは難しく、仮に過剰摂取したとしても不要な分は尿などで排出できます。

サプリの場合は摂取しやすくなっているため注意が必要となりますし、過剰摂取した場合には男女ともに頭痛や食欲不振、吐き気、むくみ、不眠症などの症状が現れることもありますので、葉酸サプリを利用する場合にはきちんと用法用量を守って摂取することが大切です。

【関連記事】≪妊活・妊娠中に過剰摂取≫による葉酸の副作用

また、不妊を改善するために飲む場合には女性と男性二人一緒に飲むことをおすすめします。

【関連記事】不妊や妊活中の男性は葉酸を摂取した方がよいのでは?

-もっと知りたい葉酸
-, , , , ,

よく読まれている記事

葉酸サプリを摂取する際には過剰摂取にならないように 1
妊娠中は注意!妊婦さんがとらない方が良い食べ物や飲み物

  妊娠中にはおなかの赤ちゃんのためにも妊婦がしっかりと栄養をとる必要 ...

葉酸を摂り過ぎて吐き気、食欲不振、痒みなど副作用 2
<男性編>葉酸サプリを摂り過ぎて起こった痒みや吐き気【過剰摂取】

任活中に男性も葉酸を摂ることは必要といわれていますが、摂り過ぎで吐き気、食欲不振 ...