男性は逆算し3か月前から葉酸摂取で良質な精子を

2017/01/21

葉酸は妊娠中の女性やこれから子供も授かりたい考えている妊活中の女性にとって非常に重要な栄養素とされていますが、実は男性も積極的に摂取していくのが望ましいとされていることをご存知でしょうか。

      目次

    1. 細胞の質を高める
    2. 異常を持つ精子を軽減
    3. 逆算して摂取
    4. 必ず摂取目安量を守る
    5. まとめ

細胞の質を高める

健康的な赤ちゃんを授かるためには、その根本ととなる精子と卵子の質が良くなければ意味がないとされています。

葉酸には、細胞の質を高める効果があるために、女性だけでなく男性も摂取した方が良いと言われているのです。

では、男性が摂取することでどんなか効果が期待できるのでしょうか。

実は、健康な男性であってもその1~4%の精子には染色体異常も持つ精子が存在するとされています。

<関連記事>精子の問題は葉酸摂取で問題改善できる?

確率は非常に低いとしても、もし染色体異常を持つ細胞が卵子と受精した場合には流産や早産の原因ともなりますし、万が一出産できるまで胎児が育ったとしてもダウン症やターナー症候群などの先天性異常を持つ胎児が生まれたり奇形児が生まれる可能性は否めません。

男性の葉酸不足が原因で神経管閉鎖障害や発育不全になるリスクが高まったり、妊娠率そのものを下げてしまうことにもなりかねません。

異常を持つ精子を軽減

葉酸には、細胞の質や運動量を高めて染色体異常を持つ精子を軽減する効果が期待できることから、男性も積極的に摂取していくのが良いと言えるのです。

そして健康な男女の細胞同士が結びつき受精して着床することは流産や早産の予防にも役立つとされています。

男性も積極的に摂取

そうはいっても、実際に妊活のために夫婦揃って葉酸を摂取しているカップルは少ないとされており、「葉酸は女性が摂取するもの」と思い込んでいる男性も多いことかと思われます。

確かに、着床して妊娠してしまえばあとは母体が葉酸を摂取するだけで十分ですが、妊活中のうちは女性だけに限らず男性も一緒に葉酸を摂取することで子づくりのために夫婦一丸となって取り組んでいる一体感も生まれ、なかなか妊娠できずに焦ってストレスになっている女性の気持ちを解放してあげるという点においても、男性の葉酸の摂取は非常に大切なことと言えるのです。

逆算して摂取

女性は、妊活を始めようと思いたって妊娠希望日の1か月前からの摂取で良いとされていますが、男性の場合は精子を作るのには3か月ほどかかり良質な細胞を作るためにも妊娠を希望する時期から逆算して3か月前に摂取するのが望ましいとされています。

ただ、いくら妊娠のために必要と言われる葉酸であっても、あまり過剰に摂取しすぎることで副作用が起こるなどの悪影響を及ぼす可能性もあるので注意しましょう。

葉酸は、水溶性ビタミンB群の一緒であり水に溶けやすい性質を持っています。

食べ物からの摂取した葉酸からの副作用はあまり問題ない

特に緑黄色野菜や納豆、牛レバーなどの食べ物から摂取できる葉酸は摂取しすぎても尿として体外へ排出されていきますので、食べ物から摂取した葉酸についての過剰摂取や副作用はあまり問題がないと言えるでしょう。

納豆

一方、サプリの形で摂取できる葉酸は吸収しやすい形になっており、また食べ物と比較しても葉酸自体の含有量が多いために意識して摂取しないとあっという間に過剰摂取になってしまうことが考えられます。

必ず摂取目安量を守る

男性の一日の葉酸摂取目安量は240マイクログラムで、摂取限界量は1000マイクログラムとされています。

そのため、1000マイクログラム以上の葉酸を毎日摂取し続けると、吐き気や不眠症、呼吸障害などの症状を起こすこともあるとされています。

その他にも、葉酸には造血作用があるのですが不足することで赤血球が巨大化してなりそこないのものばかりとなり貧血を起こすことがありますが、その症状がビタミンB12欠乏症の症状とよく似ていることから葉酸の過剰摂取によるものなのかビタミンB12欠乏症によるものなのかの判断がしにくくなり治療が遅れるなどの悪循環に陥ることもありますので、必ず摂取目安量を守るのが大切と言えます。

過剰摂取にならないように

どの栄養素にも言えることですがどんなに体に良いと言えるものでも過剰摂取となれば体に健康被害が起こる原因となるのは間違いありません。

葉酸は男女ともに積極的に摂取していきたい栄養素ではありますが、たくさん摂ったからと言って効果が早くあらわれたり子供の発育が急激に良くなるということもありませんので、過剰摂取にならないように気を付けて摂取していくようにしましょう。

ちなみに、妊活中や妊娠中に限らず授乳中においても女性は葉酸を摂取した方が良いと言われていますが、オーストラリアの調査で科学的の合成された葉酸を一日1000マイクログラムを妊娠後期に過剰摂取すると、生まれた胎児が小児喘息になるリスクが高まると言った研究結果がありますので、男女ともに過剰摂取にならないように意識しながら取り入れていくようにするのが望ましいと言えます。

まとめ

葉酸は男性にとって精子の質や運動量そのものを良くすることから生まれてくる胎児の障害リスクを軽減したり妊娠率を高める作用があると言われていますが、何事にも過剰に摂取すると副作用が出る恐れがありますので、必ず一日の摂取目安量を守って摂取していくのが良いと言えるでしょう。

葉酸サプリおすすめ比較ランキング
モノグルタミン酸型比較天然由来比較コスパ比較

-もっと知りたい葉酸
-, , , ,

よく読まれている記事

葉酸がよく摂れる食材 1
葉酸がよく摂れるおすすめ食べ物まとめ

葉酸が多く摂れる食べ物を野菜、果物、肉・魚など委員会が選んだものをまとめてご紹介 ...

芽キャベツ 2
おすすめ野菜【葉酸がよく摂れる食べ物】

葉酸は妊活中や妊娠中の女性だけに限らず男性も積極的に摂取していくのが良いとされて ...

うにやいくら 3
おすすめ肉・魚【葉酸がよく摂れる食べ物】

葉酸の効果は女性だけでなく男性にもあるとされていることをご存知でしょうか。ふだん ...

アンチエイジングにも有効なラズベリー 4
おすすめ果物【葉酸がよく摂れる食べ物】

葉酸は、妊活中や妊娠中の女性にとって多く摂取するのが望ましいとされている栄養素で ...

出産した方々からの話 5
葉酸を摂った食べ物や工夫、気をつけていたことを聞きました【妊娠中の葉酸の摂りかた】

今回は委員会と5人の方々(A:タカコさん<仮名>B:チヅルさん<仮名>C:ミユキ ...