≪本当に葉酸っていいの?≫いま注目の葉酸の摂取に注目が高まっています

2017/01/21

厚生労働省は、米国や豪州、欧州に10年遅れて2002年12月に神経管閉鎖障害の発症リスクの軽減を目的として、妊娠可能な年齢の女性に対して葉酸摂取を推奨しています。

      目次

    1. 葉酸摂取の推奨
    2. 母体を守ってくれる葉酸
    3. ダウン症候群70%~80%予防
    4. 摂取の難しさとサプリ併用
    5. まとめ

葉酸摂取の推奨

厚生労働省は、国立公衆衛生院や国立医療、病院管理研究所、国立感染症研究所を前身とする国立保健医療科学院の1999年度の調査結果による神経管閉鎖障害の発症リスクが増加傾向にある報告を受け、米国や豪州、欧州に10年遅れて2002年12月に神経管閉鎖障害の発症リスクの軽減を目的として、妊娠可能な年齢の女性に対して葉酸摂取を推奨しています。

母体を守ってくれる葉酸

神経管閉塞障害は、胎児の脳や中枢神経の基礎となる神経管の両端が閉塞されない事で発症する先天性の異常症であり、発症率としては1万人に6人と米国や豪州、欧州に比べて低い水準です。

神経管閉塞障害は、神経管の上部に閉塞障害が生じると大脳半球の全欠損や大脳が縮小する無能症と呼ばれる神経学的奇形症を発症し、約75%が死産や流産となりますが無事出産しても生存自体が難しいとされています。

また、神経管の下端に閉塞障害が生じると、胎児の脊髄の神経組織が脊椎で完全に覆われていない二分脊椎症を発症し、下肢の運動障害や膀胱機能障害、直腸機能障害などを発症します。

神経管閉塞障害の原因は、遺伝子学的にも完全には解明されていないのが現状ですが、葉酸を充分に摂取する事で神経管閉塞障害を予防する効果があるとされています。

胎児だけで無く母体を守ってくれる

また、葉酸の摂取は、米国や豪州、欧州の数倍の発症リスクのあるダウン症や先天性心疾患、自閉障害などの胎児の先天性の異常症の予防効果がある上に、常位胎盤早期剥離や巨赤芽性貧血、妊婦高血圧症候群などの予防効果もあり、胎児だけで無く母体を守ってくれるメリットもあります。

ダウン症候群を70%~80%予防

ダウン症候群は、23対46本である筈の染色体が21番目の染色体が3本になってしまうトリソミー症となる事で発症する先天性の疾患群であり、アメリカやヨーロッパの発症率よりも非常に高く、年齢が高くなるほど発症率が高くなります。

日本国内では、20歳の妊婦の発症率は0.06%以下と低いのですが、35歳の妊婦の発症率は0.26%以上とされ、45歳の妊婦に至っては3%を超えています。

現在では、ダウン症候群の胎児に葉酸遺伝子の突然変異に加え、葉酸とメチルの代謝異常が引き起こされている事が実証され、葉酸を摂取する事でダウン症を70%~80%予防出来るとされています。

摂取の難しさとサプリ推奨

厚生労働省は、葉酸の摂取量を成人女性に対しては0.24mgと定め、授乳期の女性に対しては0.34mg、妊娠を希望する女性や妊婦に対しては0.48mgとしています。

しかし、葉酸の過剰摂取は、ビタミンB12の欠乏症による巨赤芽球性貧血と呼ばれる病態が診断し難くなるのを回避するために、1日の葉酸摂取量の上限を1.00mgと定めています。

葉酸は、水溶性ビタミンである事から調理中に溶け出したり、加熱で破壊されてしまい易い上に相対性生体利用率が50%と低いため、ブロッコリーやアスパラガス、鶏、豚、牛レバーなど葉酸を多く含む食材の摂取しても通常の食事で0.48mgの葉酸を摂取するのは難しいとされています。

そのため、厚生労働省は通常の食事に加えて、葉酸のサプリ併用推奨しています。

まとめ

胎児の神経管は、妊娠3週間目~5週間目頃に形成されるため、妊娠が発覚する頃には神経管が形成されているので、妊娠の4週間前~少なくとも12週間目まではしっかりと葉酸を摂取する必要性があります。

そのため、特に35歳以上の高齢出産を望む女性は、普段から必要な葉酸摂取量を気にした食生活を過ごす必要があります。
必要な葉酸摂取量を気にした食生活

また、平成14年4月に配布された母子手帳に「葉酸をとりましょう」と題して、妊婦に対する葉酸摂取の必要性がまとめられています。

現在では、日本国内でも牛乳やパンなどの食品に葉酸が添加され、葉酸の摂取に対する関心が高まっています。

葉酸サプリおすすめ比較ランキング
モノグルタミン酸型比較天然由来比較コスパ比較

-まずは知っておきたい葉酸
-, , , , , , , ,

よく読まれている記事

葉酸がよく摂れる食材 1
葉酸がよく摂れるおすすめ食べ物まとめ

葉酸が多く摂れる食べ物を野菜、果物、肉・魚など委員会が選んだものをまとめてご紹介 ...

芽キャベツ 2
おすすめ野菜【葉酸がよく摂れる食べ物】

葉酸は妊活中や妊娠中の女性だけに限らず男性も積極的に摂取していくのが良いとされて ...

うにやいくら 3
おすすめ肉・魚【葉酸がよく摂れる食べ物】

葉酸の効果は女性だけでなく男性にもあるとされていることをご存知でしょうか。ふだん ...

アンチエイジングにも有効なラズベリー 4
おすすめ果物【葉酸がよく摂れる食べ物】

葉酸は、妊活中や妊娠中の女性にとって多く摂取するのが望ましいとされている栄養素で ...

出産した方々からの話 5
葉酸を摂った食べ物や工夫、気をつけていたことを聞きました【妊娠中の葉酸の摂りかた】

今回は委員会と5人の方々(A:タカコさん<仮名>B:チヅルさん<仮名>C:ミユキ ...