≪一度は考えてください≫葉酸はいつからいつまで摂ればいいのかを

2017/01/21

葉酸は水溶性ビタミンB群の一種であり、妊活中や妊娠中の女性にとって必要不可欠な栄養素の一つです。

      目次

    1. 厚生労働省もサプリ併用推奨
    2. いつからいつまで摂取
    3. 継続して摂取
    4. 授乳中にも葉酸
    5. 注意点
    6. まとめ

厚生労働省もサプリ併用推奨

食べ物からも摂取できるとされていますが、確実にしっかりと摂取したいのであればサプリなどで補うのが良いとされており、厚生労働省からもサプリ併用推奨が勧められています。

女性だけに限らず男性も摂取するのが望ましく、男性が摂取することで精子の染色体異常のリスクを軽減するために受精率や着床率を高める作用があるとされています。

【関連記事】精子の問題には葉酸摂取で問題改善できる?

いつからいつまで摂取

では、実際に葉酸はいつからいつまで摂取するのが良いのでしょうか?

葉酸の役割は、DNAを含む核酸などの合成や細胞分裂を正常に働かせ促進する作用があり、その他にも、早産や流産のリスクを軽減したり子宮の細胞に働きかけることで子宮がんの予防にも有効だとされているので、積極的に摂取していくのが良いのです。

妊娠してから摂取するのではなく今日から妊活を始めようと決めたその日から摂取するのが良いと言われており、妊娠することを前提に考えて妊娠の希望時期から逆算して1ケ月前から摂取をするのが良いと言えます。

しっかり妊娠の希望時期から逆算

葉酸の摂取において最も充足して摂取していた方が良い時期は、妊娠前から妊娠3ケ月までだとされています。

妊娠してから3か月までというのは、胎児の脊髄や脳の成長が行われる時期であり葉酸を摂取することで正常な細胞分裂をサポートすることは奇形や先天性異常のリスクを低下させる効果もあるため、妊娠初期である8~11週までの期間はしっかりと摂っていくのが良いのです。

3ケ月以降に摂取した場合、すでに脳や脊髄が出来上がっていることもあるので3ケ月以降に細胞分裂をサポートするために摂取をしたとしても異常や奇形があった場合にはすでに遅い可能性もあるため、胎児の体にとって重要な部分が構築される前の妊娠前から摂取していくのが良いのです。

女性は1ケ月前からの摂取が良い
とされていますが、男性の場合は染色体異常の精子を減らして良質な精子を作るためにも女性よりも早い3ケ月前から摂取するのが望ましいと言われており、特に男性が葉酸を摂取することで神経障害児が生まれるリスクが70%も軽減するとされています。

【関連記事】男性は逆算し3か月前から葉酸摂取で良質な精子を

継続して摂取

また、妊娠初期に葉酸を多く摂取することは必要ですが、妊娠中期や妊娠後期も継続して摂取が望ましいとされています。

妊娠4~12週目というのは、胎児の細胞分裂が盛んに行われ細胞が増える時期でもあるので、この時期も葉酸が不足しないように注意しなければならないとされています。

この時期にしっかりと摂取しておかないと二分脊椎と呼ばれる胎児の脊椎が二つに分かれる確率が高くなるとされていますので、妊娠初期だけに限らず4~12週の間も積極的に摂取していくようにしましょう。

厚生労働省の推奨

厚生労働省は、3~4ケ月頃の葉酸の摂取を推奨していますが、では4ケ月以降は摂取しなければよいのかと言えばそうではありません。

妊娠4か月以降も、一日の推奨摂取量は480マイクログラムとその前よりも多く摂取するのが良いとされており、おなかの胎児や母体のためにも重要な栄養素であることは変わりありませんので引き続き摂取していくのが良いとされています。

妊娠中期や妊娠後期だけでなく、授乳中にも摂取するのがおすすめとも言われています。

授乳中にも葉酸

生まれたばかりの胎児の体は、細胞分裂を活発に行っているためにお母さんが葉酸を摂取することでその栄養素が母乳に移行すると葉酸の細胞分裂を正常に行う作用が働くために胎児の細胞分裂に役立てることができるのです。

必ずしも摂取しなければいけないというわけではありませんが、妊娠中に限らず出産後の授乳中にも葉酸を摂取するのは良いと言えます。

出産後の授乳中にも葉酸

なかには、妊娠に気づいてから焦って葉酸を摂取するようにしたけれど、すでに遅いのではないかと不安に思われている妊婦さんもいることでしょう。

前述した通り、葉酸はサプリに限らず納豆や緑黄色野菜などにも豊富に含まれているので知らないうちに摂取している可能性が高いと言えます。

【関連記事】おすすめ野菜15品・葉酸がよく摂れる食材や食品

もちろん食べ物だけでは十分な量の葉酸を摂取できないためにサプリ併用推奨が勧められているのですが妊娠が発覚した後に葉酸サプリでの摂取を始める人も多いのであまり不安になる必要はないと言えます。

注意点

ただ、注意したいことの一つに葉酸の過剰摂取があります。

葉酸は確かに妊活中や妊娠中には非常に大切な栄養素であることは間違いないのですが、あまりに過剰に取り過ぎてしまうとめまいや吐き気、頭痛などの副作用が出ることがあります。

めまいや吐き気、頭痛などの副作用

そして、妊娠後期に摂取上限の1000マイクログラム以上の葉酸を毎日摂取してしまうと生まれた胎児が小児喘息になってしまう恐れもあるので、過剰摂取にならないように意識して摂取していくようにしましょう。

【関連記事】過剰摂取による葉酸の副作用

まとめ

葉酸は妊娠前から妊娠3~4ケ月頃までにしっかりと摂取していくのが重要となりますが、4ケ月以降や出産後も継続して摂取していくのが良いとされていますので、健康な胎児を生むためにも正しい用法・用量を守って摂取を心がけていきましょう。

-まずは知っておきたい葉酸
-, , , , ,

よく読まれている記事

葉酸サプリを摂取する際には過剰摂取にならないように 1
妊娠中は注意!妊婦さんがとらない方が良い食べ物や飲み物

  妊娠中にはおなかの赤ちゃんのためにも妊婦がしっかりと栄養をとる必要 ...

葉酸を摂り過ぎて吐き気、食欲不振、痒みなど副作用 2
<男性編>葉酸サプリを摂り過ぎて起こった痒みや吐き気【過剰摂取】

任活中に男性も葉酸を摂ることは必要といわれていますが、摂り過ぎで吐き気、食欲不振 ...