<男性編>葉酸サプリを摂り過ぎて起こった痒みや吐き気【過剰摂取】

葉酸を摂り過ぎて吐き気、食欲不振、痒みなど副作用

任活中に男性も葉酸を摂ることは必要といわれていますが、摂り過ぎで吐き気、食欲不振、痒みなど副作用を起こしたパパ3人のお話。

      目次

    1. 吐き気が強くなったり、食欲不振などの副作用
    2. 痒みは全然収まる気配はないまま、今度は吐き気に見舞われ
    3. 痒みの症状が酷くなると共に、発熱の症状が続き

吐き気が強くなったり、食欲不振などの副作用

妊活を考えていた私は、あれこれ情報収集している時に葉酸の必要性について知ったのです。

というのもそれまで葉酸を摂取すべきなのは、妊娠を目指す女性や妊娠中の女性であり、男である私には特に必要であるとは考えていませんでした。

ですがネットで情報収集していた所、女性だけでなく男性も葉酸不足に陥ると、妊娠率の低下に繋がる事を知ったのです。しかも葉酸不足のまま妊娠してしまうと、健康な子供を妊娠する確率も下がってしまいます。

というのも卵子だけでなく、精子も分裂が上手く行かなかった場合には、染色体異常が起こり易くなり、生まれて来る子供に問題が生じ易くなるのです。そして葉酸には、卵子だけでなく精子もスムーズに分裂させる事を可能にする効果あります。

ですが男性の方はそれまでの私の様に、葉酸を摂取する重要性を知らない人が多く、葉酸不足に陥っている人が、多いという話でした。

そんな風にして私は、妊活を実行する前に葉酸の重要性を知ると共に、それまで長くきちんと摂取していなかった事に不安を覚えました。なので元気な赤ちゃんを授かるべく、急いで葉酸を摂取する事にしたのです。

しかもしっかり摂取しないと拙い、という焦りから、妻と同じ程度の量を摂取する様にしました。そうやって葉酸の摂取を始め、安心していた私ですが、徐々に身体に異変を感じる様になったのです。

まずは身体のあちこちが痒くなる症状に見舞われたものの、それ程問題があるとは思っていませんでした。
ですがその後に、発熱や吐き気といったはっきりした症状が出始めた事で、私は何らかの病気になったと考えたのです。

そこで治療・対応するために、病院で診察を受けました。

そして医師にあれこれ説明した後に、体調不良の原因が葉酸の過剰摂取である可能性が高いという診断を受けたのです。なので治療・対応としては、葉酸の摂取をストップする事であり、その判断に従いストップすると、痒みや吐き気等の症状は改善されました。

ただし葉酸が悪い訳でなく、あくまで葉酸を過剰に摂取した事が問題でした。
なので回復後に気をつけたことは、葉酸を摂取する量をきちんと適量で守る事です。

というのも医師の説明によると、妊活時に男性も葉酸を摂取すべきですが、女性よりも少ない量が適量だという話でした。だからこそ、妊活・妊娠中の方へのアドバイスとしては、葉酸は必要であるものの、摂取量には注意する事です。

そして摂取量の目安としては、女性が400マイクログラム程度である事に対し、男性は240μg程度にとどめる事だったりします。

実際、私もその量を意識し出してから、副作用が生じる事はありませんでした。

痒みは全然収まる気配はないまま、今度は吐き気に見舞われ

葉酸を摂取するのは、妊娠を望む女性か妊婦さんのイメージが強くありました。

ですが妊活しようと考えた際、私がネット上であれこれ調べてみた所、葉酸は女性だけでなく男性にも必要だと知ったのです。

男性が葉酸を摂取する事で、妊娠率をアップさせる事が可能な上に、女性だけでなく男性側も葉酸不足のまま妊娠してしまうと、健康的な子供が生まれる可能性が低くなる事も知り、危機感を覚えました。というのも奇形児は、卵子だけでなく精子側の分裂の仕方がスムーズにいかなかった時にも、生まれてしまう恐れがあります。そして葉酸不足の状態だと、精子の分裂が上手く行かなくなるという話を知ったからです。

それまで葉酸の摂取等意識した事がなかった私は、妊活に向けてしっかり葉酸を摂取すべきと判断しました。
しかもこれまで葉酸の摂取していなかった事を考え、しっかりと多くの葉酸を摂取する必要があると考えました。

そこで妊娠を望む妻と共に、意識して葉酸を多く摂取しながら妊活を開始したのです。
今考えると、そんな風にこれまでの葉酸不足を補おうと焦っていた事が、失敗の原因でした。
ですが当時は、元気な赤ちゃんがどうしても欲しいと考えていたので、そう出来る方法だけに囚われていたのです。

そんな風に妻と同じ位の量の葉酸を摂取しながら、妊活を開始し、最初に感じたのは痒みの症状でした。ですが私自身は、葉酸が原因でそんな症状が起きているとは思わず、特に気にせずにいたのです。ですが痒みは全然収まる気配はないまま、今度は吐き気に見舞われる様になり、頻繁に発熱する様にもなりました。

そこで私は何らかの病気かも、と考えようやく病院に行き医師にあれこれ病状を説明したのです。そこで漸く、原因が葉酸の過剰摂取である事に気付きました。

なので治療・対応としては、葉酸の摂取を中断する事であり、実際医師のアドバイス通り葉酸の摂取を止めた所、痒みや吐き気等の症状は嘘みたいに収まったのです。

私はそこで、妊娠のためになる葉酸も身体に害を及ぼす恐れがある事に気付きました。

もっとも葉酸自体が悪い訳でなく、私の極端な摂取の仕方に問題があったのです。
なので葉酸の摂取や妊活を止めた訳ではなく、回復後に気をつけたことは、過剰に摂取しない様にきちんと摂取量に注意する事です。

そんな私の妊活・妊娠中の方へのアドバイスとしては、妊活を行う際は、男性も葉酸の摂取が必要ですが、女性よりも少量で良いという事だったりします。

更に過去に摂取している量が少なかったからといって、焦って多く摂取すれば取り戻せる訳ではなく、1日に女性が400マイクログラム程度に対し、男性は240マイクログラム程度が適量と言えます。

痒みの症状が酷くなると共に、発熱の症状が続き

どうしても子供が欲しかった私は、何とか子供が出来る可能性を高めようとインターネットを使い、情報収集を行ったのです。

そこで妊娠の成功率を上げるには、男性も葉酸を摂取するのが重要である事を初めて知る事になりました。というのも葉酸と言えば、妊娠を望む女性か妊娠中の女性が摂取すべきものというイメージはありましたが、男性は特に関係ないと考えていたのです。

ですが男性が葉酸不足の場合は、妊娠の成功率が減少する上に、仮に妊娠に成功しても、健康な赤ちゃんが生まれる可能性が低くなるという事が書かれていました。というのも正常な妊娠というのは、卵子だけでなく精子の方もスムーズに分裂する必要があり、そうする事で健康な赤ちゃんは生まれるのです。

ですが葉酸が不足していると、精子が上手く分裂せずに、その状態で受精すると染色体異常が起きる等して、健康的な赤ちゃんが生まれなくなってしまいます。

私はこういった情報を知るまで、葉酸を意識した事がありませんでした。なので知った所で直ぐに、自分は葉酸不足の状態だろうと焦りが生じたのです。なので今までの不足分を補うべく、サプリを利用して妻と同じ程度の量の葉酸を摂取する様にしました。

そうやって葉酸の摂取を開始した事で私は、健康な赤ちゃんが出来る、と安心していました。
ですがそんな風に葉酸の摂取を開始して少しすると、徐々に身体のあちこちが痒いという症状が発生したのです。ですが特に問題はないと気にしていなかった所、痒みの症状が酷くなると共に、発熱の症状が続く等明らかに体調不良が生じる様になりました。

これは何らかの病気ではないか、と強い不安を覚えた私は、病院に行き、治療・対応して貰う事にしたのです。担当した医師に私の生活習慣等を説明した所、葉酸の過剰摂取が疑わしいという診断を下しました。
と同時に、男性が女性と同じ量の葉酸を摂取すると、過剰摂取として副作用の問題が生じる事になると、初めて知ったのです。そして治療・対応として、葉酸の摂取を一時的に止めた所、痒みや発熱等の症状は見事になくなりました。

そんな私が回復後に気をつけたことは、葉酸の摂取量に十分に注意する様にした事です。
というのも健康な赤ちゃんを作るには、やはり葉酸は必要であり、摂取自体は続ける必要がありました。ですが量を間違えると、副作用が生じるので、その点は十分に注意する様になったのです。

だからこそ妊活・妊娠中の方へのアドバイスとしては、葉酸の摂取量に十分に注意する事だったりします。1日分の目安としては、女性が400マイクログラム程度に対し、男性の方は240マイクログラム程度に抑える必要があるのです。

-私に起こった副作用, 私は使った葉酸サプリ
-, , , , ,

よく読まれている記事

葉酸サプリを摂取する際には過剰摂取にならないように 1
妊娠中は注意!妊婦さんがとらない方が良い食べ物や飲み物

  妊娠中にはおなかの赤ちゃんのためにも妊婦がしっかりと栄養をとる必要 ...

葉酸を摂り過ぎて吐き気、食欲不振、痒みなど副作用 2
<男性編>葉酸サプリを摂り過ぎて起こった痒みや吐き気【過剰摂取】

任活中に男性も葉酸を摂ることは必要といわれていますが、摂り過ぎで吐き気、食欲不振 ...