<女性編>葉酸サプリを摂り過ぎて吐き気や蕁麻疹などの副作用【過剰摂取】

2017/11/06

葉酸サプリを摂り過ぎて身体に吐き気、むくみ、蕁麻疹などの副作用

妊娠中に葉酸サプリを摂り過ぎて身体に吐き気、むくみ、蕁麻疹などの副作用を経験したママ3人のお話。

      目次

    1. 吐き気が強くなったり、食欲不振などの副作用
    2. むくみや不眠などの副作用
    3. 蕁麻疹や貧血などの副作用

吐き気が強くなったり、食欲不振などの副作用

妊娠中は意識的に葉酸の栄養を摂取するよう指導はあったものの、はやり飲み過ぎは行けないと体感をしました。

飲みすぎてしまい出た症状としては、吐き気が強くなったり、食欲不振になるなどです。
重くはなかったものの、これではお腹のお赤ちゃんにも良いはずがなく、過剰な摂取はやめようと決意をしたのでした。

妊活・妊娠中の方へのアドバイスとしても、たくさん飲みすぎてしまうと、重くはないとしても副作用的なことを感じやすいので、本当に必要な量を摂取をすることは大事です。治療・対応として横になり体を休ませて、次の日からは飲む量を守りました。

回復後に気をつけたことは、葉酸不足にはならないようにしながらも、過剰な摂取にはならないように、自分に厳しく葉酸を調整したことです。

自分の体調が少しまいなるに傾いたのは、自分がいけないことですが、お腹の赤ちゃんの方が心配でした。それに妊娠後期の方で葉酸を飲み過ぎると、赤ちゃんの喘息になる確率も上がるというので、絶対の飲み過ぎないようにしようと決めたのです。ただし、過剰な摂取ではなく、摂取量さえ気を付ければ、葉酸は喘息のリスクには関わらないとも聞いたので、一安心ではありました。

何よりも大事なのはお腹の赤ちゃんなので、葉酸サプリを飲む時にはコンディションとも相談をしました。妊婦にも赤ちゃんにも、葉酸は絶対に必要になる栄養成分です。健康食品の形状を整えているのであるから、いつ飲んでもいいと考えていたのです。

今思い返してみると、健康食品のサプリメントになっていたので、葉酸といえども好きなだけ飲んでいいと思っていましたし、いつ飲んでも良いと考えていたのです。

お薬みたいに飲む時間が指定はされてはいないものの、自分のコンディションには合わせるべきだと、だんだん自分でもわかってきました。

妊娠をしてから少し胃腸のコンディションが弱くなっていたのですが、健康食品は健康になるものと、頭で信じ込んでいた部分があります。

でも胃腸が弱い人が、お腹がすいている時にサプリメントを飲むのは、自分の経験からしても焼けたほうがいいです。

これも副作用的なことになるのでしょうが、空腹時に葉酸のサプリメントを飲んで、胃にガスがたまり痛くなったことがあります。それはお腹がすいているために、サプリメントが入っても溶けにくくなっていたのがダメでした。

胃腸への負担をかけないようにすることを学びましたので、それからはなにか食べたあとに飲んでいます。

むくみや不眠などの副作用

葉酸不足にならないように妊娠をしている時には、葉酸サプリを愛用していました。

実は最初のうちはたくさん飲めばいいという思い込みがあり、今ではやってはいけないとわかったことですが、飲みすぎをやってしまいました。たくさん飲んで置けば間違いないという、浅はかな考え方が、思わぬ副作用の症状を招いてしまったのです。

最初のうちは葉酸サプリを自分で意識して、多めに飲むようにしていたのですが、やけに体がむくむようになってきました。そして赤ちゃんのためにも夜の睡眠は大事であるのに、なんだか夜もあまり眠れなくなってきたのです。

妊娠でのつわりとかではなく、明らかに不眠気味になってきた時には、自分でも本当に困ってしまいました。生活を大きく変えたわけではなく、葉酸サプリを多く飲んでいることくらいしか、頭には思い浮かびませんでした。

治療・対応は葉酸サプリの飲みすぎを早急にストップして、毎日の葉酸摂取の量を守ることにしたことです。

回復後に気をつけたことは同様に飲みすぎないことを心に誓い、葉酸サプリに頼り切らないで、葉酸の食材を食事に取り入れることも挑戦しました。

食事は毎日のことですし、葉酸の栄養が豊富な食材は、健康にも良い食材が多いので、主人と美味しく食べられる献立に、葉酸が多い食材を使うようにしたのです。自分でも天然食材から葉酸摂取ができて安心ですし、主人も喜んでくれました。

妊活・妊娠中の方へのアドバイスはやはり葉酸サプリは飲みすぎないほうがいいということと、自分だけではなく赤ちゃんへの心配も出てくるということです。

赤ちゃんへの喘息リスクが上がると聞くと、やはり自分もママになる身として、飲みすぎてしまったことを大いに反省をしました。家族みんなで誕生を心待ちにしているのに、ママが知識不足で葉酸サプリを飲みすぎたために、赤ちゃんに何かあったら大変です。

妊娠中の葉酸はイコールでサプリメントのイメージがありますが、自分で実践してわかったのは、意外に食事の食材でも摂取ができるということです。

葉酸サプリは葉酸の栄養がギュッと詰まっているので、大変便利なアイテムです。でも食事の栄養バランスを考えることができて、料理も好きな人であれば、葉酸は食事からの摂取を試みるのもいいと感じます。

水分や加熱に弱い葉酸ですので、半分位は調理で消滅するとも言われます。だから葉酸の栄養は、食べ物での過剰摂取は、まず考えられないです。

蕁麻疹や貧血などの副作用

生理が止まったので、もしかしたらと思い産婦人科で診て貰ったら、子供を授かっていることが分かり、主人や両親と一緒に大喜び、その後母子健康手帳を頂きましたが、妊娠中は葉酸不足が良くないので葉酸を摂取しなければならないと書いてありました。

つわりが酷く、野菜嫌いもあって、どう摂取したら良いのかなあと迷いましたが、サプリで摂れば簡単に済ませると気が付き、3種類ほどネットで購入しました。不足しないように購入した3種類を飲んでいましたら、体に蕁麻疹のようなものが出てきて、貧血も起こるようになりました。

最初は妊娠に特有のものかと思い込んで、安静にして睡眠を十分取るようにしましたが、あまり改善が見られませんでした。

そうしているうちに症状が徐々に増してきまして発熱も出るようになりましたので、慌てて産婦人科に受診しましたが、最初は原因がなかなか分からず、医師もおかしいなと首をひねっていました。

食生活などについて詳しく聞かれたましたので、野菜が嫌いで余り食べないので、サプリメントを何種類か摂取していると答えましたら、ようやく原因が分かりました。

葉酸の摂りすぎ、過ぎたるは及ばざるがごとしで、治療・対応としてサプリを1種類に減らして、分量も少なめにするよう指示されました。

早めに気が付いたお陰で、医薬品の服用は必要なかったので、ほっとしました。

妊娠中の医薬品の摂取も注意をしなければならないとアドバイスを受けました。

看護師さんから、妊娠中の食生活について、色々と説明を受けまして小冊子も頂きました。

これまで母子手帳や出産に関する本を流し読みしていた程度だったので、それ以降は真剣に熟読するようになりました。

2週間程度で症状が良くなりましたが、回復後に気をつけたことは、バランスの良い食生活、オーガニックの野菜を摂る、妊娠中に適した体操、胎教に良い音楽鑑賞などです。不足する分はサプリメントで摂れますが、なるべきなら自然の野菜などをバランス良く摂るようにしてます。

自然野菜でも摂取過多になる事もあると教わりました。妊活・妊娠中の方へのアドバイスとして、私のようなヘマはされませんように、医師や看護師さんの説明を良く聞き、妊娠・出産に関する本も熟読されますようにして下さい。

サプリメントの説明書をよく読みましょう。

私のような失敗をしないためにも、また丈夫な赤ちゃんを出産できるように、ママになる方は気を配って出産に望みましょう。

-私に起こった副作用, 私は使った葉酸サプリ
-, , , ,

よく読まれている記事

葉酸サプリを摂取する際には過剰摂取にならないように 1
妊娠中は注意!妊婦さんがとらない方が良い食べ物や飲み物

  妊娠中にはおなかの赤ちゃんのためにも妊婦がしっかりと栄養をとる必要 ...

葉酸を摂り過ぎて吐き気、食欲不振、痒みなど副作用 2
<男性編>葉酸サプリを摂り過ぎて起こった痒みや吐き気【過剰摂取】

任活中に男性も葉酸を摂ることは必要といわれていますが、摂り過ぎで吐き気、食欲不振 ...